大分県の郷土料理「だご汁(だんご汁)」の作り方・レシピ

今回は、大分県の郷土料理「だご汁(だんご汁)」の作り方・レシピを紹介します。
だご汁(だんご汁)は、農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた大分県の郷土料理です。
だご汁(だんご汁)は、味噌ベースの汁に、ごぼう、しいたけ、にんじん、里芋などの具材と、小麦粉に水(場合によっては塩水)を加えてみみたぶほどの硬さに練った生地をのばして入れて、煮込む料理です。土地によってはのばさずにちぎって入れる場合もあるようです。
由来には諸説ありますが、朝から晩まで農作業で忙しく、食事の手間をなんとか省きたいと考えた農家の人々が、簡単に調理できるものとして考案したといわれていて、現在ではおふくろの味の代表として、日常的に作られている家庭料理です。

だご汁 大分県の郷土料理「だご汁(だんご汁)」の作り方・レシピ

<だご汁(だんご汁) レシピ 材料>(1人分)
豚こま肉 15g
大根 12g
人参 12g
玉ねぎ 16g
ごぼう 10g
たけのこ 12g
椎茸 1個
あさつき 適量
[ A ]※餃子の皮でも可
(150g)
強力粉 150g
塩 少々
水 90ml
[ B ]
合わせだし 500ml
味噌 35g
酒 少々
<だご汁(だんご汁) 調理方法・作り方>
1.下ごしらえをする。
・団子を作る。
ボウルに[ A ]の材料を入れ、よくこね、ひとまとめにする。
・野菜を切る。
大根はいちょう切り、人参は短冊切りにそれぞれ薄く切り、玉ねぎ、椎茸は、薄切りにする。ごぼうはささがきにする。

2.次に、鍋にだし汁を入れ沸騰させたら、団子を手でのばして入れる。

3.2の野菜、一口大に切った豚こま肉を加え、アクを取りながら煮込む。

4.ひと煮立ちしたら、味噌を溶かし入れ、酒を加えて5分ほど煮込む。

5.団子が浮きあがり火が通ったら、椀に盛り、あさつきを散らして出来上がり。

もちもちした歯ごたえの「だご」に野菜をたっぷり加えた、だご汁(だんご汁)汁は栄養満点ですよね!九州名物の柚子胡椒を加えても美味しかったですよ。 里いも、大根などや、季節の食材を加えたり、玉ねぎを長ネギに代用しても美味しいと思いますので、ぜひ、自分好みのだご汁(だんご汁)を調理してみてくださいね。

 

【amazon】五木 五木庵だんご汁 225g×10個 大分県の郷土料理「だご汁(だんご汁)」の作り方・レシピ