福岡県の郷土料理「もつ鍋(しょうゆベース)」の作り方・レシピ

今回は、福岡県の郷土料理「持つ鍋」の作り方・レシピを紹介します。
福岡名物と言ったら、やっぱり最初に思いつくのは「もつ鍋」ですよね。「もつ鍋」とは、牛または豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」)を主材料とする鍋料理で、昭和の初期に、アルミ鍋を使用し、牛や豚のホルモンを醤油味で食べはじめたのがルーツとされています。

もつや野菜から様々な栄養をたっぷり摂取出来る栄養価の高い料理なので、福岡では「医者いらずの鍋」と呼ばれているようです。

3018534 s 1 福岡県の郷土料理「もつ鍋(しょうゆベース)」の作り方・レシピ

<もつ鍋(しょうゆベース) レシピ 材料>(3人分)
・牛小腸 200g
・キャベツ 1/3個
・もやし 1p
・牛蒡 1/3本
・ニラ 1/3p
・にんにく 1片
・唐辛子 1本
・ごま油 大さじ2
・いりごま 大さじ1
・ちゃんぽん麺 1p

(スープ)
・水 600cc
・出し昆布 10cm角1枚
・鶏がらスープの素 小さじ2
・オイスターソース 小さじ2
・薄口しょうゆ 大さじ2
・濃い口しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1

<もつ鍋 調理方法・作り方>
1.キャベツは角切り、ニラは7cm程度に切りそろえ、にんにくはスライス、ごぼうは笹がきにしておきます。鍋にキャベツ、ホルモン、ごぼう、もやし、ニラ、にんにくを盛りつけ、輪切りの唐辛子、ごまを順に盛りつけます。

2.別鍋に用意したダシをはり火にかけ、ホルモンにしっかり火が通れば完成です。

3.もつと野菜を食べた後には、〆にチャンポンを入れ、召し上がってください。

もつ鍋はプリプリなもつと、にんにくの風味が広がるスープの相性は抜群ですよね!もつはとても低カロリーで、栄養も満点なので、美容効果も高いといわれています。低カロリーなホルモンと野菜がたっぷり摂れるもつ鍋は、冬はもちろん夏のスタミナ補給やダイエットにもオススメです!コラーゲンもたっぷりなので、翌朝のお肌もプルプルになりそうですね(^^)
ご家庭でも簡単に作ることができるので、ぜひ「もつ鍋」レシピで調理してみてくださいね!

【amazon】博多 若杉 厚切り 小腸 もつ鍋セット 国産 牛もつ鍋 もつ鍋 お取り寄せ 酒粕 発酵鍋 醤油味 (2~3人前) 福岡県の郷土料理「もつ鍋(しょうゆベース)」の作り方・レシピ