熊本県の郷土料理「馬刺しユッケ」の作り方・レシピ

今回は、「馬刺しユッケ」の作り方・レシピを紹介します。
馬刺しは、農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた熊本県の郷土料理で、新鮮な馬の生肉におろししょうが・にんにくなどの薬味を添えて、甘口のしょうゆで食します。
戦国時代に、豊臣秀吉の配下で肥後(現在の熊本県)を治めていた加藤清正が、食糧難の際に馬を食す文化を広めたと伝わります。昭和中期に入り、牛肉や豚肉の代わりに、役目を終えた農耕馬や軍馬を食べる習慣が一気に広がったと言われています。
馬肉の切り口が桜色になることから「桜肉」とも呼ばれていて、現在は、刺身をはじめ焼肉や燻製、しゃぶしゃぶなど様々な料理で、全国的に食されています。

馬刺しユッケ 熊本県の郷土料理「馬刺しユッケ」の作り方・レシピ
<馬刺しユッケ レシピ 材料>(2人分)
馬肉 (赤身) 80g
卵 1個
しその葉 1枚
万能ねぎ 適量
白ごま 適量
ごま油 適量
[A]
甘口しょうゆ 小さじ2
塩 少々
こしょう 少々
おろしにんにく 少々
おろし生姜 少々
<馬刺しユッケ 調理方法・作り方>
1.馬肉を切り身で用意します。※生の赤身が最適ですが、冷凍の場合は開封せず、流水で解凍してから調理してください。
調理前にキッチンペーパーで血をふき取り、5mm角の細切りにします。

2.ボウルに1の馬肉と材料内[A]をあけてよく和え、味見をしながらごま油で味を調えます。
※甘口しょうゆ(たまり醤油)を使い味付けをしたら、少し時間を置いて味をしみこませることが調理のポイントです。
※やや濃い目に調整した方がおいしく仕上がります。

3.小鉢にしその葉を敷き2を盛り、中心にくぼみをつくります。

4.3のくぼみに卵黄をのせ、万能ねぎ、白ごまを散らせたら完成。
馬肉と卵黄を絡めてお召し上がりください。

馬肉は、低カロリー・豊富なタンパク質だけでなく、ほうれん草やひじきよりも多い鉄分、体力改善や免疫力UPによいとされる約20種類のアミノ酸、健康維持に欠かせない牛肉・豚肉の約3倍のミネラルが含まれているスーパーフードです。焼き肉屋さんでしか食べられないと思っている方も多いと思いますが、簡単なので、ぜひお家で馬刺しユッケを調理してみてくださいね。

 

【Amazon.co.jp限定】送料無料 高級馬刺し ユッケ (約50g☓10食分)500g 【ユッケ専用タレ付き】衛生検査合格品 熊本県の郷土料理「馬刺しユッケ」の作り方・レシピ