宮崎名物「地鶏の炭火焼き」の作り方・レシピ

今回は、宮崎県の郷土料理「地鶏の炭火焼き」の作り方・レシピを紹介します。
地鶏の炭火焼きは、農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた宮崎県の郷土料理です。地鶏モモ肉を、塩こしょうで下味をつけ、炭火で炭の色が付くまで黒々とこんがり焼き上げた一品で、炭火の香ばしい燻製のような香りが特徴です。元々、古くから宮崎県及び鹿児島県で飼育されていた「地頭鶏」が天然記念物に指定されたため、現在はそれを改良した「みやざき地頭鶏(じとっこ)」が使われています。

地鶏の炭火焼き 宮崎名物「地鶏の炭火焼き」の作り方・レシピ

 <地鶏の炭火焼き レシピ 材料>(2人分)
宮崎地鶏(ブロイラーではなく地鶏、皮が厚いものを)  1枚
鶏油(チーユ) 適量 ※ラードでも代用可
塩 適量
こしょう 適量
酒 適量

<地鶏の炭火焼き 調理方法・作り方>
1.もも肉に酒、塩、こしょうで味付けする。

2.炭が入った七輪で、ももの両面を切り身をつけながら焼く(切り身は焼く前に仕込んでおいても良いです)。油をももにかけながら炎をだして、ももに炭の色をつけながら黒く焼く。火の高さを調節しながら焦げないように気を付けてください。

3.黒く色がついたら、まな板で一口サイズに切る。熱した鉄板やフライパン等で、切り口を焼きつけたら完成です。
一味や七味、九州名物の柚子胡椒で食べるのがおすすめです。

ワンポイント!!
地鶏の炭火焼きは、ももを一枚で焼ける大きさの七輪がなければ、 ももを一口サイズに切ってから味付けし、 網の上で油をかけながら転がすように焼いても良いです。
炭の黒い色は、ももに適量の油がなかったり、 炎が上がらないと付かないので、油を垂らしながら焼いてください。

地鶏の炭火焼きは、炭で真っ黒に焼き上げるのが美味しいですが、炎を上げる際には、火の周りに十分気を付けて、しっかり換気もしてくださいね。
おうちごはんで、地鶏の炭火焼きがなかなか調理が難しい場合は、夏のBBQで調理してみるのもいいかもしれませんね!

 

【amazon】宮崎エヌフーズ 宮崎県産 鶏もも炭火焼 500g【お特用サイズ】 宮崎名物「地鶏の炭火焼き」の作り方・レシピ