がめ煮

がめ煮とは、炒り鶏や筑前炊きなどと呼ばれ、昔、福岡県北部を「筑前(ちくぜん)の国」といっていたことから「筑前煮」とも呼ばれます。博多弁の「がめくり込む」(「寄せ集める」などの意)が名前の由来とも言われている。また、博多湾に多くいたカメを食材に用いていたことから亀煮から「がめ煮」と名づけられたとの説もあるとのこと。