ラーメンバリカタ

主に九州料理の博多ラーメンで用いられる、ラーメンの麺の硬さの分類の一つ。通常よりもかなり硬い麺を意味する。「バリ」は博多弁で「とても」などの強調を表す言葉で「ハリガネ」よりも軟らかく、「カタ」よりも硬いとされる場合が多い。